• t.n

HS-house、棟上げ。


3月22日に、HS-houseの棟上げがありました。

大工さん9人とレッカーの操縦者1人、計10人で作業が行われました。

いつも棟上げのときは、朝から夕方まで、見ています。

ただ、見ているだけで、何の役にもたたないです。

大工さんの阿吽の呼吸と言いますか、チームワークと言いますか、物凄く手際よく作業をこなしていて、誰一人無駄な動きをしていないのです。

そういうところに、いつも感心しながら、見ています。

見学させてもらってます。

お施主様も朝から夕方まで、休憩時間とお昼の用意など、いろいろと大変だったと思います。

ですが、こうやって、図面上のものが実際の形になると、なんとも言えない感動があります。

まだまだ、工事は始まったばかり、詳細な納まりや色決めなど、気を抜かずに頑張って行こうと思います。


36回の閲覧

© 2002 by atelierorb