• t.n

Instagramに間取りアップ。


2012年頃からはじめたインスタグラム。

ダラダラと気が向いたときに日常の景色をアップしていました。

そして、去年の末くらいから間取りをアップするようになりました。

春先くらいまでは、以前、間取りのブログを開設していたときに作り貯めていた間取りをスマホのカメラで撮影して、そのままアップしていましたが、間取りのストックも底をつき、最近は、新たに間取りを描いてアップしています。

以前にやっていた間取りのブログは、『32坪の間取りの主張』というタイトルでしたので、32坪の間取りばかりを描いていました。

いや、間取りのブログをやる前から32坪への拘りがあり、32坪は私と切っても切れない関係にありました。

最近、新たに描いている間取りも、相変わらず32坪の間取りです。

『もうネタ切れや~~』と意気消沈しながらも、自分を戒めるように32坪の間取りと向き合っています。

最初は楽しかった32坪の間取り。

今はなんと苦痛なことか32坪オンリー。はみ出したい。涙。。

しかしそんな32坪の間取り作業ですが、忘れかけていた大事なことを思い出させてくれます。

初心を思い出させてくれるということであります。

ありがとうございます32坪。

インスタグラムに間取りをアップすると、『いいね!』がついてきます。

そうするうと、どういう間取りがウケるのか?よくわかります。

最近ではフォロワーも5000人近くになり、人気にある間取りで『いいね』が200以上つくようになりました。

ところが、人気のある間取りの傾向として言えるのは、『斬新なアイディアよりも実用的で現実味のある間取り』。

できることなら、何か新しいものを生み出したい生業の設計という仕事。

頭の回路がだんだんとnLDKに支配されてきているのが自覚症状として現れはじめ、このままではマズイのではないか?と思えるときもあります。

いや、その前からnLDKに支配されているままであります。今更です。はい。

nLDKを工夫して、どうにかこうにか隙間的なアイディアで活路を開いてきたのです。

逆に、nLDK神様なのか?

自問自答が延々と続きそうなのでリセット。

32坪をいつまで続けるかはわかりません。

32坪は、自分にとっては、基本的な型なのです。

気休めだけかもしれません。

武道の話を聞いていると、基本の型がいかに大事かがよくわかります。

間取りも武道に通じるところがあるような気がしております。

ゴールデンウィークは、どこにも行きません。

設計のご依頼はお早めに!


0回の閲覧

© 2002 by atelierorb